自分自身のための ものづくり / 自分自身のためのものづくりメモ

突っ込みなどがありましたら掲示板にお願いします。

* Vista環境にて、PL-2303を使用したUSB接続COMポートで、TEXCELLのRubyシリアル通信ライブラリを用いてデータを受信できない。その原因と対処法

#プログラミング #Ruby #シリアルポート

事象

 Windows Vista の環境にて、USB接続のCOMポート(シリアルポート)を介して繋いだ機器のデータを、TEXCELLのRubyシリアル通信ライブラリ wincom.rb にて全く受信できない。teratermでは受信できる。。
 同じ接続対象機器・同じプログラムでも、レガシーな COM1 に繋いだならば受信できる。
 同じ接続対象機器・同じUSB接続シリアルポート・同じプログラムで、WindowsXP 環境では受信できる。

原因

 Vista環境にて、USB接続シリアルポートでは、ReadFileを実行した際、「読み取ったバイト数」として常にゼロが帰ってくるため。
 ドライバのバグか?

対処

 ReadFileの「読み取ったバイト数」は使わず、ClearCommErrorを実行した際に得られた COMSTAT構造体 の「受信バッファにあるデータのバイト数」を使う。
 ReadFileでそのバイト数読むと指示しているのだから、問題ない…と思う。問題あったとしても、常に0バイトよりはマシだ。
    def receive
(中略)
#                rcvchar = @wcrecv.unpack("a#{irlen[0]}")[0]
                rcvchar = @wcrecv.unpack("a#{ilen}")[0]

補足

 試したUSB接続シリアルポートアダプタは、以下2点。
 UC-232Aのドライバは、uc232a_windows_vista.rar (Ver._v1.0 2007-7-10)を使用。
 URS232GFは、Vista標準ドライバで利用できるとの事だが、できなかった。「URS232GFは一部ロットにて使用できません。」とのこと。チップ製造元であるProlificのサイトから、PL2303_Prolific_DriverInstaller_v10518.zip (2009/7/23 v1.0.5.18 )をダウンロードし、インストール。
 上記2点、チップ自体は同じか。ならば、ドライバもほぼ同一なのだろう。

あとがき

 今までTEXCELLのwincom.rbをありがたく便利なブラックボックスとして使わせて頂いていたのだが、中身を見て、色々と面倒な Win32API を隠蔽してくれていた事を実感した。今回必要に迫られてベールの下を覗いたけど、Win32APIは直接触らずに済むならそうしたい代物だ。


関連ページ

TEXCELL Rubyシリアル通信ライブラリ
http://www.texcell.co.jp/ruby/wincom/rubywincom.html

hirax.net::wincom.rbのCOM10以上対応
http://www.hirax.net/diaryweb/2009/07/29.html

Serial Communications in Win32
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms810467.aspx

Windows/Vista/USB-RS232C(シリアル) - Tomocha WikiPlus
Windows Vista で動く、USB-RS232C変換ケーブル情報
http://wiki.tomocha.net/Windows_Vista_USB-RS232C.html

* Windows環境にて、USB接続COMポートを、個体識別する

#メモ #プログラミング #シリアルポート #Ruby
 Windows環境(少なくともWindows XP)では、USB接続のRS-232C(正確にはEIA-574)アダプタのCOMポート番号は、差すUSBポートを変えるとコロコロ変わる。COM19になったりCOM6になったり…。とても困る。
 一方、USB接続のその手の機器は、デバイスマネージャ上で個体識別できる。ならば当然、自作プログラムでも個体識別し、COMポート番号を自動設定できる。
 WMIを介して情報を得る。Win32_SerialPortではUSB接続の情報が得られない(場合が多い?)ので、Win32_PnPEntity からCOMポートを抜き出すのが確実。

require 'win32ole'

def ports
    locator = WIN32OLE.new("WbemScripting.SWbemLocator")
    services = locator.ConnectServer(".","root/cimv2")
    ports = services.ExecQuery "Select * From Win32_SerialPort"
    ports.each do |port|
        p port.Caption
        p port.Description
        print "\n"
    end
end

def ports_pnp
    ps = []
    locator = WIN32OLE.new("WbemScripting.SWbemLocator")
    services = locator.ConnectServer(".","root/cimv2")
    ports = services.ExecQuery "Select * From Win32_PnPEntity"
    ports.each do |port|
        if /\(COM\d+\)$/ =~ port.Caption
            p port.Caption
            p port.Description
            p port.Manufacturer
            print "\n"
        end
    end
end
   


print "Select * From Win32_SerialPort\n"
ports

print "Select * From Win32_PnPEntity\n"
ports_pnp

ruby -Ks comports.rb

Select * From Win32_SerialPort
"通信ポート (COM1)"
"通信ポート"

"通信ポート (COM2)"
"通信ポート"

Select * From Win32_PnPEntity
"Prolific USB-to-Serial Comm Port (COM19)"
"Prolific USB-to-Serial Comm Port"
"Prolific"

"USB-to-Serial Comm. Port (COM6)"
"USB-to-Serial Comm. Port"
"Aten"

"通信ポート (COM1)"
"通信ポート"
"(標準ポート)"

"通信ポート (COM2)"
"通信ポート"
"(標準ポート)"


参考文献:

Kick4 BBS
USBシリアルのポート名を知る方法?
http://www.kick4.net/bbs/c-board.cgi?cmd=ntr;tree=4;id=

Win32_SerialPort Class (Windows)
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa394413(VS.85).aspx
Win32_PnPDevice Class (Windows)
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa394352(VS.85).aspx

* deny from 64.124.85.0/24

#Web
 再び、BecomeBotに検索履歴をかき回されたので、.htaccessにて排除することにした。
robots.txt BecomeBot締め出し
http://baku.homeunix.net/WiKi/rnx/index.rb?1138996756.txt
にてのけ者にしたはずなのだが、BecomeJPBotは別物というわけか。え゛ー。
 ちなみに、robots.txtは最初にちゃんと読んでる。

 20秒に一度のアクセスだったり、UAの項に載っている http://www.become.co.jp/site_owners.htmlは「お客様が指定されたページは見つかりませんでした。」だったり、かなり感じ悪い。
(ちなみに、正しくは、http://www.become.co.jp/site_owner.html だそうだ。その辺の食い違いも感じ悪いぞ)
 また、他の多くのクローラの挙動と違ってリファラを送る点で、RandomeNoteの敵。

↓はた迷惑なアクセスの記録
(ReadMore...)

* カテゴリ情報のデータが時々変

 ヘッダは200OKを返してくるのに、中身が"1\r\n"だけだったり、<childCategory>内の<categoryName>だけが抜けてたりする。
 検査して変だったらもう一回データを読み直すか?

#Ruby #REXML #ヤフオク #YAH! #途中経過

* Yahoo!オークションWebサービスとRSSとを併用

 これまでは、役に立たないと思っていたヤフオクRSSは結構使えるかもしれん。
 特に、Yahoo!オークションWebサービスのAPIでは検索できないけど、RSSの方なら検索結果が得られるのはありがたい。
http://search3.auctions.yahoo.co.jp/search_rss?p=mobilegear&auccat=23336&alocale=0jp&acc=jp

#Ruby #REXML #ヤフオク #YAH! #途中経過

* YAH!X試験中

 Yahoo!オークションWebサービスにより提供されるXMLデータを使うYahoo!AuctionHelperを作成中。

↓とりあえずの実験バージョン
http://baku.homeunix.net/program/yahX/yahX_test01.rb?category=2084045752&pic=true
categoryを書き換えれば他のカテゴリを見れる。
pic=trueで画像表示。それ以外で非表示。

 YAH!の特徴である各種NG機能は、とりあえず「NGキャラクタ」のみ実装。
 「次の25件」をいちいちクリックしなくてもいいので、現状でもとりあえずそこそこ役立つと思う。

 YAH! Ver.3としようかと思っていたけど、Yahoo!オークションWebサービスでは今のところキーワード検索ができないっぽいなどの理由で、Ver.Xとして別物としての扱い。

#Ruby #REXML #ヤフオク #YAH! #途中経過

* REXMLを使ってヤフオクのXMLデータを読む

 楽だ…。機械で読みやすいデータが提供されてるというのはこんなにもありがたい物だったとは。
 また、便利なREXMLに感謝。

#!ruby -Ku

require 'jcode'
require 'nkf'
require "rexml/document"

file = File.new( "y.xml" )
y = REXML::Document.new file

y.root.each_element('item') do |item|
  p item.elements['auctionID'].text
  p item.elements['title'].text
  item.each_element('seller') do |s_item|
    p s_item.elements['itemlist'].text
    p s_item.elements['rating'].text
  end
  p item.elements['url'].text
  p item.elements['img'].text
  p item.elements['price'].text
  p item.elements['bids'].text
  p item.elements['endtime'].text
end

Yahoo!デベロッパーネットワーク - オークションWebサービス
http://developer.yahoo.co.jp/auctions/

REXML - Home
http://www.germane-software.com/software/rexml/index.html

私家版REXML APIリファレンス
http://www.cozmixng.org/~kou/ruby/rexml/reference

REXML Tutorial - Home
http://www.germane-software.com/software/rexml/docs/tutorial.html

REXML であそぶ
http://www.namikilab.tuat.ac.jp/~sasada/prog/rexml.html


#Ruby #REXML #ヤフオク #YAH! #途中経過

* Ruby関連参考ページ


Rubyで画像ファイルのサイズ取得:生活活用形−ちょよて・ちゃよて
http://tociyuki.cool.ne.jp/clife/comp/rubyimagesize.html

Ruby/PureImage
http://cappuccino.jp/keisuken/ruby/pureimage/

backup_mixi
http://d.hatena.ne.jp/kusigahama/19700831#pl

Exerb Project
http://exerb.sourceforge.jp/
backup_mixiはexe化されたのが用意されてる。
Ruby環境を用意していない大多数の人にとっては便利だな。
用意してても便利。

RAA - http-access2
http://raa.ruby-lang.org/list.rhtml?name=http-access2
backup_mixiで使われているようだけど、やっぱ標準のhttp.rbより便利なのかな?


#プログラミング #Ruby