自分自身のための ものづくり / 自分自身のためのものづくりメモ

突っ込みなどがありましたら掲示板にお願いします。

* XRGB-2plusのドットクロックをファミコンに合わせる

#RGB #ファミコン
 スーパーモードを有効にして、DTC_TYP を[USER]に、USR_DTCを1023に設定。

 SCAN は [SVGA](47kHz) に設定しておく。VGA(31kHz)では、スキャンライン毎に表示されるドットがずれる。また、SVGAモードの方がPPUの動作に伴う(?)「縦線」ノイズが目立ちにくい。
(というか、XRGB-2plusの31kHzモードでやたら縦線ノイズが目立つ。サンプリング周期/2以上の周波数のノイズが突き抜けているのか? 出力がVGAかSVGAかで変わるのが謎だ。出力が違っても入力のサンプリングは変わらないだろうに…。)

http://nesdev.parodius.com/2C02%20technical%20reference.TXT
+---------------+
|PPU base timing|
+---------------+
(中略)
  • Pixels are rendered at the same rate as the base PPU clock. In other
words, 1 clock cycle= 1 pixel.

  • 341 PPU cc's make up the time of a typical scanline (or 341/3 CPU cc's).
341*3 = 1023

create : 2010/04/06 (Tue)
update : 2010/04/07 (Wed)